classes

Lステゼミ

教員などが講師となって、昼休みの30分間を使って行うショートゼミです。語学・教養・専門と話題は多岐にわたります。不定期で、年間約30回開催しています。学士力として期待される「知識・理解」を深める事を主目的として、気軽に学ぶ機会を提供しています。

【Lステゼミ】「ファッションビジネスから学ぶ経営学」活動報告

 【Lステゼミ】「ファッションビジネスから学ぶ経営学活動報告            

12月19日(水)に学習ステーションにて、「ファッションビジネスから学ぶ経営学」と題したプログラムを開催しました。岡本慶子氏(経営学部教授)を講師にお招きし、25名の学生が参加しました。

本プログラムの内容では、ファッション業界の変化に伴って求められる能力がどのように変わってきたかについて説明があり、当時はデザイナーやバイヤー、MD等は専門の知識だけあれば問題なかったが、現在においては、マーケティングを含めた関連する知識を全て持っておかなければならない時代に変化してきていると、お話がありました。

参加者からは「自分が所属している学部と異なるジャンルの知識をつけるにはどうしたら良いか」といった質問が寄せられ、時間を延長して丁寧に回答していただきました。

学習ステーションでは、今後も積極的に活動を展開していきます。

講義の様子

 

 

説明をしている様子

 

【千代田区キャンパスコンソーシアム協力プログラム】実践知育成の学び「企業選びで気をつけたいこと~働き続けられる職場とは~」活動報告

 【千代田区キャンパスコンソーシアム協力プログラム】

実践知育成の学び「企業選びで気をつけたいこと~働き続けられる職場とは~」活動報告            

12月6日(木)に学習ステーションにて、「企業選びで気をつけたいこと~働き続けられる職場とは~」と題したプログラムを開催しました。上西充子氏(キャリアデザイン学部 教授)を講師にお招きし、千代田区キャンパスコンソーシアム協力プログラムということで東京家政学院大学の学生を含む20名の学生が参加しました。

本プログラムの内容では、志望する企業を考える際に確認しておきたいこと、企業の募集要項を見る上での注意点、いざという時に向けた心構え、などについて説明がありました。また、問題のある企業とない企業に二分できるようなものではなく、すべての企業はそのグラデーションのどこかに位置づくのであって、大手企業であってもしっかりと客観的な情報をつかんで判断する必要があるとお話がありました。

参加者からは「就職四季報の見方がわかった」「仕事のやりがいも大事だけれど、働きやすさという視点で考えることも大事だと気付くことができた」など感想が寄せられました。

学習ステーションでは、今後も積極的に活動を展開していきます。

 

講演の様子

講演の様子

学生に問いかける様子

学生に問いかける様子

 

 

【OBOGトーク】「若手社会人に聞いてみよう!~学生時代の充実した日々が今の自分を支えている~」活動報告

 【OBOGトーク】「若手社会人に聞いてみよう!

学生時代の充実した日々が今の自分を支えている~ 活動報告            

11/6(火)に学習ステーションにて、「若手社会人に聞いてみよう!」と題したプログラムを開催しました。池田美津穂氏(日本女子大学職員、本学OG)を講師にお招きし、学生10名が参加しました。

本プログラムの内容では、学生スタッフ活動やERP、ゼミ活動など学生時代の多くの経験がどのように自分の成長に結びついたか、また、その経験や日々の学生生活の積み重ねがいかに大切であるかお話がありました。

最後には「1年後、3年後、5年後の自分はどうなっていたいのかという目標を見据えた上でどういうチャレンジが必要か、友人との関係をどのように築いていく必要があるかを考えていくことが大事である」と参加した学生にメッセージがありました。

参加学生からは「日本女子大学に志望した理由を教えてください」「留学生との接し方で気をつけていることは何ですか」「法政大学と日本女子大学の違いは何ですか」など多くの質問が寄せられ、時間を延長して丁寧に回答いただきました。

学習ステーションでは、今後も積極的に活動を展開していきます。

プログラムの様子_HP用

 

熱心にメモを取る参加学生の様子_HP用

【Lステゼミ】「今の2年生から就活ルールが無くなる!?あなたは大丈夫?」活動報告

 【Lステゼミ】「今の2年生から就活ルールが無くなる!?あなたは大丈夫?」活動報告            

10月9日(火)に学習ステーションにて、「今の2年生から就活ルールが無くなる!?あなたは大丈夫?」と題したプログラムを開催しました。児美川孝一郎氏(キャリアデザイン学部 教授)を講師にお招きし、学生27名が参加しました。

本プログラムの内容では、経団連の会長が就職活動のルールを撤廃する旨の発言をした背景には何があったのか説明がありました。その上で、就職活動および企業の動向が変化していく中で学生は様々な情報に対してアンテナを張っていくことが重要である、環境の変化に動じないように大学4年間で自身を磨く必要がある、とお話がありました。

参加した学生からは「すごく興味深い話が聞けました」「これからの大学生活で成長していきたい」など感想が寄せられました。

質疑応答では、学生から多くの質問があり、時間を延長して丁寧に回答いただきました。

学習ステーションでは、今後も積極的に活動を展開していきます。

自己紹介する様子

多くの学生が参加しました

 

 

講演の様子

講演の様子

 

 

【Lステゼミ】「体脂肪の増減と運動・栄養の関係」活動報告

 【Lステゼミ】「体脂肪の増減と運動・栄養の関係」活動報告            

7/11(水)に学習ステーションにて、「体脂肪の増減と運動・栄養の関係」と題したプログラムを開催しました。林容市先生(文学部)を講師にお招きし、学生15名が参加しました。

本プログラムの内容では、健康な生活を営む上で必要な知識の1つである「体脂肪」について説明があり、脂肪はありすぎでもなさすぎても疫病につながる可能性があるので、それを踏まえて、これからの生活を考えてほしいとお話がありました。

参加した学生からは「すごく興味深い話が聞けました。秋学期も同講座があれば参加したい」「普段食べているものを見直そうと思った」など感想が寄せられました。

質疑応答では、学生から多くの質問があり、時間を延長して丁寧に回答いただきました。

 

プログラムの様子

プログラムの様子

質問をする学生の様子

質問をする学生の様子

 

 

【OBOGトーク】「若手社会人に聞いてみよう!~大学時代の経験が、今の自分を支えている~」活動報告

 【OBOGトーク】「若手社会人に聞いてみよう!

大学時代の経験が、今の自分を支えている~ 活動報告            

6/28(木)に学習ステーションにて、「若手社会人に聞いてみよう!」と題したプログラムを開催しました。長崎吉満氏(東京女子大学職員、本学OB)を講師にお招きし、学生19名が参加しました。

本プログラムの内容では、大学時代に応援団として、体育会の選手達や大学の為に活動してきた経験について紹介がありました。応援団として過ごした日々や東京女子大学へ入職してからのエピソードにも触れられ、応援団で培ってきた忍耐力のおかげで、仕事においてストレスや辛さをほとんど感じずに、やりがいを持って仕事ができている、学生時代の経験が今に活きているとお話がありました。

参加した学生からは「普段関わりのない応援団の少し変わった生活スタイルが聞けて、楽しかった。」「応援団は大変というイメージがあったが、それをさらに実感することができた」など感想が寄せられました。

質疑応答では、時間を延長して丁寧に回答いただきました。

プログラムの様子

プログラムの様子

質問をする学生の様子

質問をする学生の様子

【Lステゼミ】「実例から学ぶ『レポート作成の極意』」活動報告

 【Lステゼミ】「実例から学ぶレポート作成の極意』」活動報告            

6/21(木)に学習ステーションにて、「レポート作成の極意」と題したプログラムを開催しました。村上先生(キャリアデザイン学部)を講師にお招きし、学生20名が参加しました。

レポート作成にあたり、与えられた課題を理解し、データを集め、構成を考えるというプロセスが必要である。本プログラムでは、これらのプロセスのちょっとした「コツ」について説明があり、参考文献に基づいた上で、明らかにされていないことを明らかにすることが重要であるとお話がありました。

参加した学生からは「レポートを作成する上での大事なポイントがわかった」「すごく参考になったので、参加して良かった」など感想が寄せられました。

質疑応答では、多くの学生が積極的に質問するなど、学生の興味関心の高さが窺え、村上先生には丁寧に回答いただきました。

 

プログラムの様子

プログラムの様子

真剣に聞き入る学生の様子

真剣に聞き入る学生の様子

 

【Lステゼミ】『広告ってなんだ!』活動報告

 【Lステゼミ】広告ってなんだ!』活動報告            

 5月24日(木)に学習ステーションにて、「広告ってなんだ!」と題したプログラムを開催しました。小林健一先生(経営学部教授)を講師にお招きし、学生29名が参加しました。

本プログラムの内容では、何気なく目や耳にする広告にはどのような意図や狙いが隠されているのか、実際の企業CMなどを具体例に挙げながら説明があり、 すべての広告に共通して大切なことは、「何のために」「誰が」「誰に」「何を」が明確になっていることであり、それらを欠かしては良い広告はできないとお話がありました。

参加した学生からは「多くの広告は、モノやサービスを売るためのものですが、その他にも「資金調達」や「意見表明」、「社会との関係構築」など、多種多様な目的の広告が存在することが分かりました」「普段とは異なった視点から広告を捉えることができ、非常に新鮮でした」など感想が寄せられました。

募集人数を遥かに上回る応募があったことや、質問タイムに多くの学生が積極的に質問するなど、学生の興味関心の高さが窺えました。

プログラムの様子

プログラムの様子

真剣に聞き入る学生の様子

真剣に聞き入る学生の様子

 

【実践知育成の学び】『アルバイトの選び方とトラブル対処法』講演会を開催しました。

 【実践知育成の学び】

アルバイトの選び方とトラブル対処法』講演会を開催しました。            

4月13日(金)にボアソナード・タワー25階 B会議室にて、大学生が働く上で直面する可能性のあるトラブルに備えて、「アルバイトの選び方とトラブル対処法」と題した講演会を開催しました。上西充子先生(キャリアデザイン学部教授)を講師にお招きし、学生17名が参加しました。

本講演会の内容では、学業とアルバイトを両立するために知っておきたい情報、労働契約について、トラブルの例とその対処法、相談機関、などについてお話いただき、真剣にメモを取る学生の様子が見受けられました。

参加した学生からは「チェーン店でのアルバイトはブラックだと聞くが、個人経営のお店だとどうですか」「当時、塾のアルバイトをしていたが、採用される前に研修を受けさせられた。これって違法ですか」「労働契約を結びにあたり決まった書式はありますか」など、多くの質問が寄せられ、時間を延長して答えていただきました。

講演会の様子

講演会の様子

参加学生の質問に答えている上西先生

学生の質問に答えている様子

 

【Lステゼミ】就活に役立つビジネス文章作成講座

【Lステゼミ】就活に役立つビジネス文章作成講座                                                                                               

Lst20171130-1212_有田先生_poster5

どんな仕事に就くにせよ、必ずそこで求められるものがあります。それは相手の話を聴き、相手を理解して仕事を進める事です。それを実行するには「相手目線で自分を見る」という姿勢が大切です。

今回のLステゼミでは、先ず“履歴書”の質問事項に対して現在の自分はどういうネタを持っているのか、そのネタをどのように文章化するのかを取り組んでもらいます。その中のどの部分を履歴書で使うのかを読み手の目線を意識して書き上げます。

★有田先生から直接指導が受けられます!

就活を始めている3年生、就活に関して漠然とした不安をもっている1・2年生etc…、           お気軽にご参加下さい♪ 

※大人気プログラムの為、先着順です!

★★Lステゼミとは★★

教員などが講師となって、昼休みの30分間を使って行うショートゼミです。語学・教養・専門と話題は多岐にわたります。不定期で開催しています。学士力として期待される「知識・理解」を深める事を主目的として、気軽に学ぶ機会を提供しています。

【活動報告】

Lst20171130_HP_photo111/30では、履歴書・エントリーシートの書き方を採用担当者目線で丁寧に説明がありました。文章の先に“結論”を持ってくる、など採用担当者の目にどうとまるか、読み手を意識して文書を作成することの大切さを語られました。重要なこととしては、「自分の頭で考えて行動できること」「様々なイベントや説明会を通じて色々な大人に会いに行くこと」「人事目線を理解すること」の3点が挙げ、参加者にアドバイスをしていただきました。

12/12では、前回の振り返りがされた後、課題であった履歴書を使用しながら、どのように自分をアピールした方が良いのか、解説がありました。履歴書やエントリーシートでは、結論から書くことの重要性や経過(プロセス)説明が自分をアピールする上で重要だとお話があり、参加者が熱心にメモを取る様子が多く見られました。

1 / 1212345...10...最後 »